国内で売買可能

タンス預金はお得?物価が上昇している(インフレ)局面では、物価が上がれば上がるほど相対的に価値が下がることを忘れてはいけない。いますぐ生活に必要とは言えない資金⇒安全で金利も付く商品にした方がよい。いわゆるデリバティブ⇒これまで取り扱われて…

危険性をかわす

約40年前に設立された預金保険機構の支払う実際の補償額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"なのです。日本国政府そして日銀そして民間金融機関全体の三者がが大体3分の1ずつきちんと知っておきたい用語。デリバティブとは?⇒古典的な金融取引ま…

出資者を守る

すべての証券会社が設立者である日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関の行う有価証券(株券や債券など)の売買の際の取引を公正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実な進歩を図り、投資者を守ることが目的である…

その後の世界

"東京証券取引所(兜町2番1号「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が経営破綻してしまった。このため、初となるペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、預金者全体の3%程度といっても数千人が、適用対象になったのだと考え…

同じグループ

FX(外国為替証拠金取引)とは、簡単に言えば外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出す取引である。ほかの外貨預金や外貨MMFより利回りが良いうえ、為替コストも安いという特徴がある。はじめたいときは証券会社やFX会社で購入できる。こ…